グループホーム夜勤 休憩の確保について

みなさん、こんにちは。

5年前に時間外労働の上限規制がはじまり、当時は特例とした建設業、運送業、

医師の上限規制が令和6年4月から始まります。

1月24日の日本経済新聞には、次の改革にめけて「時代に沿う労働法議論」を

はじめる旨の記事がありました。

その主な内容は、

  • 労働基準法は大正から昭和にかけての工場労働が前提で、現代にそぐわない
  • 労働の基準は『工場で同じ時間、同じ作業を指揮命令の下に行う』ことが前提のままだ
  • テレワークや育児のための時短勤務などが広がり‥‥在宅勤務と出社とでは働き方も希望する労働時間も違う

などと書かれていました。

 

最近、ある介護施設を退職した職員が、「夜勤の時は休憩時間がなかった」と

労働基準監督署に相談に行きました。

労働基準監督署はさっそくその施設に調査に入りました。

その施設の夜勤は、厚生労働省の介護保険に係る老健局の指針に基づき

『入居者9人を職員1人で対応する』体制でした。(参考資料1)

この場合、確かに労働基準法に定める「〇時から〇爾まで〇時間の休憩時間」

というわけにはいきませんが、施設側は上記老健局と労働基準局とで調整し

認められた「手の空いた時間」を休憩時間としていました。(参考資料2)

しかしながら調査に入った労働基準監督署の監督官は、その「手の空いた時間」を

休憩時間ではなく「手待ち時間」、すなわち労働時間という見解を示しました。

現時点で最終判断は出ていませんが、裁量権は労働基準監督署にあります。

 

次の改革に向けての議論は、今回のような事例も含めた多様な働き方を踏まえて

議論してもらいたいを願っています。

参考資料1 指定地域密着型サービスの事業の人員

参考資料2 グループホームにおける夜間及び深夜の勤務取扱い

 

 

 

 

 

新年を迎えて

みなさん、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は、私自身8日まで長期の年末年始を過ごしました。

しかしながら年明け早々北陸地方で大きな地震が発生し被害が拡大しています。

多くの家は、久しぶりに家族が集いゆっくりとした新年を迎えていたであろう

ことが想像できますのでなおさら心が痛みます。

 

私も2018年9月に発生した胆振東部地震を体験しました。

当時を思い出すと、水、食料等を求めて近くのスーパーに2時間ほど並びました。

また、マンション住まいのため外出の際には、停電でエレベーターが止まったため

階段を昇り降りしなければならず足が棒のようになりました。

当時は、1~2日ほどで復旧しましたので今回の地震とは比較になりませんが

それでも電気や水、日常生活の有難さを痛感したはずでした。

にもかかわらず、その感謝の気持ちはいつの間にか ”当たり前” のこととして

忘れてしまっていました。

 

新年早々の大きな災害を目の当たりにして、

今年はどのような年にしようかと考えても明日何が起きるかわからない。

であるならば、平穏な新年を迎えられたことに感謝して一日一日を大切に

過ごしていこうと改めて思った正月でした。

 

 

人を大切にする経営学会全国大会に出席してきました。

みなさん、こんにちは。

9月9日(土)、10日(日)の両日、

立教大学で開催された『人を大切にする経営学会全国大会』に

出席してきました。

人を大切にする経営学会は、

「自社ではここまで人を大切にして経営をしている」と

自負を持って応募した全国の会社のなかから、毎年

『経済産業大臣賞』、『厚生労働大臣賞』など数々の受賞企業が

表彰され、表彰された会社は発表会があります。

受賞される会社は、最近は有名な上場企業もありますが、

20~30人規模の中小企業もあり、企業規模は関係ありません。

”人を大切にする”とは、どういうことをやっているのか

発表を聴いていますと、

  • 労働時間を短縮して残業をなくす
  • 有給休暇のほかに誕生日休暇等を与える
  • 障がい者雇用を増やす

など、様々な工夫をしながら実施されています。

発表者の一人の話が非常に印象に残っています。

「こんな話をすると、相手は『それは利益が出ているからできるんだ。

うちもやりたいけど、今は利益が出ていないから無理だ。

いいことだと思うから、うちも利益が出たらやるよ!』

と言われます。

でも、利益を出すのは社長ではありません。社員一人ひとりが利益を

生み出すのです。だからこそまず社員に対して投資が必要なんです。

そうすれば、社員は必ず応えてくれます。」

私は、改めて感銘を受けました。

このように、全国大会に行くと大変刺激を受けて帰ってきます。

でも、多くの方々は、なかなかそういう話を聴く機会がありません。

そこで、北海道でもそのような話を聴ける勉強会を企画しました。

人を大切にする経営学会北海道支部は、

  • 9月22日(金)人を大切にする経営学会会長 坂本光司先生
  • 10月31日(火)~11月1日(水)伊那食品工業様見学会
  • 1月19日(金)松川電氣株式会社 小澤邦比呂氏
  • 3月6日(水)さくら住宅株式会社 二宮生憲氏

以上の4つを一つの経営塾として20名程度の参加者を募り、

最終的に30名を超す応募がありました。

人手不足、労働時間の2024年問題等多くの企業で

それぞれ問題を抱えていることが想像できます。

当日は、講師のみなさんからどのようなお話を聴くことができるのか

今からとても楽しみです。

 

 

 

 

2023年度人を大切にする北海道経営者塾 参加者募集のご案内

みなさん、こんにちは。

今回は、2023年度人を大切にする北海道経営者塾(4回シリーズ)
参加者募集のご案内です。

開催の趣旨は、

今後20年間で、日本の労働力人口は1500万人もの大幅な減少が予想されて

ます。

これからの時代、人がなかなか採用できなくなってしまうばかりか、

社員の転職をはじめ流動化が一層拡大していくものと思われます。

ビジネスチャンスはあるものの、それを担う社員がいない、あるいは

不足するという理由で、事業機会をものにできなくなる企業が続出すると

思われます。

これからの時代の勝ち残りは、

  • 人が入社したくなる企業
  • 社員が辞めない企業
  • 社員が成長する企業
  • 社員のモチベーションが高い企業
  • 社員やその家族が幸せを実感できる企業

に変化・変貌できるか否かにかかっていると思います。

こうした状況を踏まえ、問題解決のきっかけを学んでいただく

4回開催を一つとした『北海道経営者塾』を開講します。

開催要旨は、以下の通りです。

 

開催日時・内容等

=======================
第1回 講義
2023年9月22日(金)14時00分~16時30分

【テーマ】
人が集まり成長する、いい企業になるための
100の指標とモデル企業30社

人を大切にする経営学会
会長 坂本 光司氏

 

 

 

=======================
第2回 現地訪問研修と経営者からの講話
2023年11月1日(水)8時00分~13時30分(予定)

【訪問先】
伊那食品工業株式会社
長野県伊那市西春近5074

【テーマ】
いい会社をつくりましょう

伊那食品工業株式会社
取締役会長 井上 修氏

 

 

 

=======================
第3回 講義
2024年1月19日(金)14時00分~16時30分

【テーマ】
大家族経営
松川一家の目指すもの
社員の幸福と地域社会への恩返し

松川電氣株式会社
代表取締役 小澤 邦比呂氏

 

 

 

=======================
第4回 講義
2024年3月6日(水)14時00分~16時30分

【テーマ】
五方良しの経営

さくら住宅株式会社
相談役 二宮 生憲氏

 

 

 

=======================

参加要領

● 参加者 募集定員 20名程度

  • 人を大切にする経営に関心がある経営者・経営幹部・起業家
  • 公認会計士・税理士・社会保険労務士・中小企業診断士・各社コンサルタントや支援機関担当者
  • 人を大切にする経営に関心がある個人

● 参加費 一人44,000円(税込)
第2回訪問研修費用及び講師を囲んで行う懇親会費用は含みません。

● 場 所 第1回、第3回、第4回開催会場
     札幌駅前ビジネススペース 2J室
〒060-0005
札幌市中央区北5条西6丁目1-23
第二北海道通信ビル 2階

● 主 催 人を大切にする経営学会北海道支部 支部長
     株式会社アイワード 代表取締役社長 奥山 敏康

● 後援機関 中小企業基盤整備機構 北海道本部

● 参加申し込み先
受講希望者は、下記フォームから必要事項をご記入し、9月8日(金)
までに、お申し込みください。
なお、参加費は定員があるため参加申し込み確認後、改めて学会事務局より
振込先をご連絡します。

● [お申込みフォーム]
https://ws.formzu.net/fgen/S77009835/

 

以上です。関心がありましたらご検討ください。

 

 

 

 

 

 

 

札幌市 育児休業等助成金のご案内です!

みなさん、こんにちは。

さて今回は、仕事と子育ての両立にむけた環境づくり推進を目的に、

育児休業等を取得した従業員がいる企業に対し、

一定の要件を満たした場合に支給する札幌市の助成金をご案内します。

関心がありましたら、以下のホームページ及びリーフレットをご覧ください。

(ホームページ)
https://www.city.sapporo.jp/kodomo/jisedai/wlb-josei2023.html

(リーフレット)
札幌市育児休業等助成金リーフレット

 

 

 

 

北海道の補助金のご案内です!

みなさん、こんにちは。

先日、電話で北海道がしている補助金の支給申請の依頼を受けました。

その補助金とは、

『事業継続緊急支援金(原材料価格高騰分』

です。

せっかくのご依頼でしたが、私は、

〇助成金等のスポットでのご依頼はお受けしていない

〇今回の補助金は、社労士が扱える助成金の範疇外である

等の理由により申し訳なかったのですが行政書士等をご紹介しお断りしました。

 

ただ、給付要件(売上要件・エネルギーコスト要件)、申請時に必要な書類等を

確認しますとそれほど難しい申請ではないように思いますので

この機会にご案内します。

関心がありましたら、以下をご確認ください。

https://kinkyushien-energy-hokkaido.jp/

 

以上です。

 

 

 

 

法定雇用率が引き上げに!

みなさん、こんにちは。

今回は法定雇用率の引き上げについてご案内します。

会社は一定数以上の従業員がいる場合には、障害者雇用促進法に基づき

障害者を雇用する義務があります。

 

現在の法定雇用率は、2018年に設定された2.3%です。

5年ごとに見直しが予定されていることから今年(2023年)が見直しの年です。

 

当初の予定では、2023年4月から2.7%の引き上げを予定していましたが

2023年4月からは2.3%に据え置き

2024年4月から2.5%(従業員数40名以上)

2026年4月から2.7%(従業員37.5名以上)

と段階的に引き上げられることになりました。(予定)

 

該当する会社は、今から雇用計画の準備をおすすめします。

 

 

 

 

 

「人を大切にする経営学会」とのご縁!

みなさん、こんにちは。

今回は「ひとを大切にする経営学会」から依頼を受け寄稿した手記を掲載します。

 

私は、2009年秋に社会保険労務士として仕事をはじめました。

前の職場では毎年離職者が多かったことに疑問を抱いていたこともあり、

社労士の仕事をはじめるにあたって離職者の少ない会社とはどのような会社かを

模索しながら、離職者に悩んでいる会社に対して職場環境の改善提案を

仕事の切り口にしようと考えました。

 

そこで浅学のうえ未経験にもかかわらずセミナーを主催し、

従業員にとって安心して働ける職場とは、就業規則等の社内ルールを

整備することと考え提案しました。

関心を持っていただいた会社からは、

見直しのご相談をいただきましたが、具体的に要望されたことは

法改正に基づいた就業規則等の修正が主で、私が考えていた従業員に対する

職場環境の見直しを前提としたものにはほとんどつながりませんでした。

 

さらに、会社の理念・方針などを共有することによって働きやすい職場づくりに

つながるのではとクレドの提唱を試みたり、

人事評価制度の構築による職場環境の改善を提案しました。

しかし、クレドは作成することが目的となり、

評価制度は評価のための評価制度になってしまい、

いずれも従業員の働く動機付けや成長につながるものとはならず、

私のイメージする従業員の職場定着に結び付く形とはなりませんでした。

 

私はその間にも関心のあるセミナー等に参加するなどして

理想とする会社像を模索していました。

そんな2017年初秋に、東京で活動されている社労士法人ヒューマンスキル

コンサルティングの林正人先生から、

「北海道でも『人を大切にする経営学会』が開催されるのでよかったら

行ってみたら」と紹介していただきました。

 

以前から坂本光司先生の著書は何冊か拝読していましたのでいい機会と

思い参加しました。

当日、坂本先生は「会社にかかわる”大切な人”とは、従業員とその家族、

取引先とその家族、顧客、地域社会、株主であり、この順番が重要である」

というお話をされました。

それまで私は、従業員を大切にするといっても商売をするうえで

会社にとって一番大切なのは顧客と考えていましたので

大変衝撃を受けました。

 

坂本先生のあとに、さくら住宅の二宮生憲社長(現相談役)、天彦産業の

樋口友夫社長(現会長)のご講演がつづきました。

二宮社長は、「12月はどこも物入りであることを考慮して取引先に対して

通常より早めに締めて年内に支払いをしている」とお話があり、

樋口社長は、「育休から復職した従業員の仕事を確保するために

新事業を立ち上げ、現時点で新たな収益の柱になっている」というお話でした。

二宮社長の取引先に対する考え方、樋口社長の従業員を復帰させるに当たり

新事業を構築する実行力など、まさに学会の理念を実践されていることに

感銘したことを記憶しています。

 

その翌年に、人を大切にする経営学会全国大会に行ってみました。

熱気あふれる会場で受賞された会社のみなさんのうれしくも誇らしそうな

表情を見ながらそれぞれの会社の発表を聞き、全国に目を向ければ

すばらしい会社がいっぱいあることを改めて認識しました。

まさに、私が理想と考えていた会社像が存在していました。

 

今回改めて仕事をはじめた頃を思い起こし、いま人材不足に悩んでいるという

会社に、”人を大切にする” という学会の理念を少しでも広められるよう

活動していきたいと考えています。

 

 

 

 

雇用調整助成金(特例)1月末で終了!

みなさん、こんにちは。

2020年1月下旬から感染拡大した新型コロナウィルスは3年目を向かえています。

報道等によりますと、厚生労働省は今年4月から5月にも感染症類型を2類相当から

5類に移行の検討をしていると伝え聞きます。

それを先取りする形で、雇用調整助成金の特例措置も今年1月末で終了し、従来の

原則に戻します。

厚生労働省資料
https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/001006066.pdf

この期間に支給された額は、6兆2000億円を超えます。

ただ、そのなかに不正受給が1221件含まれており、その額は187億8000万

円になるそうです。(128億7000万円は回収済み)

とはいえ、この雇用調整助成金のおかげで事業を継続できた会社は多々あるはずで

いい制度だったと私は思います。