プロフィール

よしだ労務事務所 吉田 泰彦

1954年9月11日(北海道岩見沢市)生まれ。

私は過去、創業100年超の老舗企業に勤めていました。全国展開していたので多くの従業員がおり、在職中に社内の労務問題を直接かかわったわけではありませんが何回か耳にすることがありました。

そんなときに、「なぜこのような問題が起こるのだろう?」とふと疑問に思ったことがあります。
その後、事情により会社を退職することになり、現在社会保険労務士として活動しています。

トラブルや問題は起きない方が良いのですが、ちょっとしたコミュニケーション不足や考え方の行き違いから起きているのかもしれません。
会社も収益を上げる必要がありますから労務問題に対してつい甘く考えてしまうこともあるでしょう。
そんな問題を「小さいうちに少しでも解決できたら…」と思い、そしてそのお力になりたいと考えながら日々仕事をしています。

 

自戒の言葉としています。

自戒の言葉としています。

我社の経営理念

事務所を開業するにあたり「自分はなぜこの仕事を始めたのか?」、「何をしたいと考えているのか?」など目的・使命を"経営理念"という形で表わしました。

経営理念

経営理念

一の喜は、単に依頼された仕事を行ない報告するということではなく、報酬をいただく以上感動されるレベルの仕事を心掛けなければならないということです。

どういう仕事が感動される仕事かといえば、具体的なものはありません。ただ、何か特別なことをすることではなく、お客様の期待以上のもの、あるいは期待していなかった何かができた時ではないかと思っています。

「満足してもらおう」と意識してできることではありません。自分にとって「こんなことが?」と思うことも、お客様にとっては「うれしい!」と受け止めていただけることがあるかもしれません。いずれにしても永遠の課題です。

二の喜は、働く職員には、「仕事も私生活も充実した日々を過ごしてもらいたい」と考えています。職員が不安定な精神状態で、お客様に満足し、感動していただく仕事などできるはずがないと考えるからです。 職員の充実感は、それぞれ異なるものでしょうが、究極は「幸福感」ではないかと考えます。

三の喜は、当然のことながら「納税という形で地域社会に貢献できる」ことです。

行動三原則

行動三原則

経営理念を実現するための行動原則で、仕事をする上での「基本的な心構え」です。
仕事をしていくなかで、「自己満足」に陥らないよう注意し、「反省」と「感謝」の"心" を忘れず、毎日業務に努めなければならないと考えています。

就業規則の無料相談はこちら

ブログ

プロフィール

社会保険労務士よしだ事務所 代表 吉田泰彦

よしだ労務管理事務所
代表 吉田泰彦

プロフィール続きはこちら

介護事業所様向け人事労務サービス

就業規則の無料相談・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら 011-378-4550 (平日:9時30分~17時30分) ※打ち合わせをしている場合は、折り返しお電話差し上げます。

▲ページTOPへ